読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kojilife’s blog

こじんまりとした生活を目指すブログ

家にあるもので「応急処置」の覚え書き

からだ からだ-健康

先日、家事をしてる最中、指をきってしまいました。

思ったより深かったようで血がなかなか止まらない。。。

血を止める方法

インターネットで検索したところ、こんな方法があるそうです。

 

(1)負傷したなら、1秒でも早くその手を拳上(真上に挙げる)し

5本の指同士を着けるようにして細かく振動させる。

 

(2)出血が多いと手を振ると同時に「血」も辺りに飛び散るので

その時はティッシュかなにかで傷口を押さえておいて手を振ってください。

 

(3)傷が浅ければ、2分から5分で完全に止血し、痛みも止まります。

 

(4)止血したと思ったら手をさげてみて、出血が再開しないようなら、それで終了です。

引用元:10倍早く治す「指の切り傷」治療法 教えます | 森の宮東鳳院 院長加藤大明のブログ

 

 

試しにやってみたら

心なしか早く血が止まったような、、、??

また腕を降ることによって

ズキンズキンとした痛みから意識がそれるように思いました。

 

湿潤療法

その後、最近よく耳にする湿潤療法をためしました。

 

湿潤療法(しつじゅんりょうほう)は、創傷(特に擦過傷)や熱傷褥瘡などの皮膚潰瘍に対し、従来のガーゼと消毒薬での治療を否定し、「消毒をしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」を3原則として行う治療法。

引用元: Wikipedia

 

確か湿潤療法の絆創膏がくすり箱にあったはずと

探したのですが切れていました。

インターネットでもう少し調べてみると

ワセリンとラップでもできるとのこと。

幸いどちらも我が家にあります。

 

早速、ワセリンを傷口に塗り、ラップで保護してみました。

それにしてもさっと家にあるもので処置できるのは便利ですね。

 

ワタシの場合、家事をしていて特にやりがちなのは怪我より火傷。

湿潤療法は火傷にも使えます。

今回はそんなに深い傷ではなかったので、焦りながらも

インターネットで調べながら処置することができましたが

いざというときのために頭の片隅に留めておこうと思います。

 

くすりばこも見直す

今回、久々に開けたくすり箱。

使おうと思った消毒液が5年も期限を過ぎていました。

くすり箱も見直しが必要ですね。

他にも期限切れのものが出てきそうです。

 

それにしても

指先に怪我をすると不便です。

なによりパソコン使用時のタイピングが大変です。

タイプミスが増える、増える、、、

 

広告を非表示にする