読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kojilife’s blog

こじんまりとした生活を目指すブログ

万能クリームへの依存からの脱却

からだ からだ-お肌

子供の頃から肌が弱く、
常にニキビがあったり、
じんましんがでたり、
金属アレルギーになったり、
肌が荒れやすいです。

普段から、皮膚科に通院して
顔や体に薬を塗っていました。
毎日薬を塗るのって怖いよなと思ってたときに
iherbでこちらのクリームを購入しました。

ヴェレダ
カレンデュラ オイントメント

オーガニックコスメブランド
ヴェレダの植物性ホメオパシークリーム。
  • 成分
カレンデュラとミツロウ、ラノリン、ラノリンアルコール、セサミオイル、水。
 
  • 効能
肌あれ、乾燥、かぶれ、切り傷、
虫刺され、にきび、アトピー
かゆみなどの肌トラブルのケア
 
抗炎症作用に優れたキク科の花で、
ヴェレダのクリームには有機栽培で栽培されたカレンデュラが使用されています。
 

どんな時に使うか

ニキビやら、じんましんが出た時、
切り傷ができたとき、肌があれているとき、
軽い火傷のときにささっと塗っていました。
匂いは独特で
少しべたっとした感触の
こくのあるクリームです。
 
もしかしたら
心理的なものかもしれませんが
これを塗ると治りが早いような気がします。
いつでも使用できるように
とりあえずポーチにいつも入れて、
持ち歩いていました。
 

iherbにて

iherbで買い物するタイミングで
カレンデュラのクリームも残り少なくなってきたので
新しいのを注文しようとさがすと
商品が消えていました。。。
 
どうしよう。。。と不安に思いながら、
今、あるものを使い続けているうちに
アルミのチューブが破れて、
ポーチの中にクリームが漏れたりして
持ち歩くことをやめ、
家でだけ使うようになりました。
そのうちチューブから出しにくくなり、、、
 
つい先日、
またiherbで商品を注文しようとしたときに
ふと、このことを思い出しました。
いつのまにやら、
毎日塗らなくても平気になっていましたのです。
 
きっと以前のわたしは
薬に依存していることから脱却しようとして、
今度はこのクリームに
依存していたのだなと思いました。
 
健康法でも、薬でも、
なんでもそうですが、
ヒト中心でなく、
モノが中心になって
振り回されるのは
いけないなぁと思いました。
 

とはいえ春の肌あれに

最近、肌あれがひどいです。
毎年、花粉の季節はお肌がガサガサです。
どちらかというと冬よりひどいかも、、、
 
探すとヴェレダ
また違うカレンデュラのクリームが
販売されていたので
久々に常備クリームとして
ためしてみようと思います。
 
今なら、
依存せずに使えると思うので、、、
 
  
 
広告を非表示にする