読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kojilife’s blog

こじんまりとした生活を目指すブログ

【手放したもの】着こなせなかったカーディガン

着こなせなかった服を手放しました。
数年前に購入した変形カーディガン

デザインが気に入って
試着したときは素敵だと思って購入したものの
なんだか着こなせず、長年タンスのこやしになっていました。

 

着こなせなかった原因は、、、

  • ボトムスと合わせにくい
  • 服の好みが変わった
  • デザインが自分にはわかい
  • 当時、カジュアルNGの会社に転職した

といった理由。


買った当時はよくサルエルパンツを履いていて、それに合わすつもりで購入しました。

最近めっきり履かない。。。
他のボトムスは自分の体型だとなんだか合わせずらい。


さらに少しデザインが若めかもなんて思っているうちに
どんどん歳をとって着れなくなったように思います。。。


当時そのブランドを着ているかなり年上のひととお仕事で取引をしていた

さらにもっと大きな理由を思い出しました。

当時の職場で関わっていた50代のフリーランスの方が
いつもそのブランドを着ていました。

当時、社内で同僚たちのランチタイムの話題は
「あのひとって○○っぽいよね〜。
あんなファッション、着こなせるのすごいね〜」
「○○って変わったひとおおいよね〜」(○○には職種が入ります)でもちきり。

 

今思えば
会社にカジュアルな格好で商談にくることや、
その人自身の性格や仕事のやり方についてファッションを理由にして
たわいもなくしゃべっていた、
なんてことないはなしなのですが

当時のわたしは
服装の規定がある場所で働いたこともなく、
学生の延長のように好きな格好で
仕事にも取引先にも行くことが
許される環境だったので、
ましてやその方と前職が同じ職種だったので
うかないように、
きちんとしなくてはと
思っていました。


個性も大事だし、TPOも大事

いつか着るかもなんて思っているうちに月日はながれ、
オークションに出してみたところ、 売れたので
今回手放すことにしました。

カーディガンには悪いことをしたなぁと反省。

とても好きなデザインだったら

それでも休みの日に着たいと思って

着ることができたでしょう。

なんとなくで買ったんだろうなぁと。
 

それにしても
服装って個性を表現できるものだから
みんなと一緒では面白くないし、
楽しみたい
かといって、きちんもTPOや年齢にそつ
それなりの格好で、、、というのもわかります。

 

さらに
先ほどのはなしにもどると
大人が若いファッションをしているのを見て
少しひいた、、、というのも事実。

いつまでも自分を若いと思って
若い格好をしていているのも違和感があるんだなと痛感した経験でした。

 

今ではこどもおばさんという言葉もあるし、自分も気をつけなければ、、、

大人女子と子供おばさん - NAVER まとめ

 

いくつになってもファッションは悩む

20代後半のころに
自分の服の好みって固まったように思っていました。
ずっとこんな格好でいくんだろなって思って
モノモチがよいのでその頃の服もたくさん残っています。

でもちょっとずつ
体型が変化して着れないものも出てきたり、、、好みも変化したり、、、

年齢的な問題もでてきたり、、、

 

年を取ったらファッションの悩みはなくなると思っていたけれど
そのとし、そのとしの悩みがあるんだろうなぁ。

 

でも若い頃ほど
周りの目を気にせず、
人に不快感をあたえずに
着ていて楽しい服を着たいなぁ
なんてことを今回、
カーディガンを梱包しながら思い出しました。

 

広告を非表示にする