読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kojilife’s blog

こじんまりとした生活を目指すブログ

【手放したもの】モノとの向き合い方を考える

ほぼ聴いていない
ライブで購入したCD。
オークションに出していたのが売れました。

 

なんとなくで買ってしまった


音楽の趣味が似ている友人が
最近はまっているバンドがあると、
ライブに連れて行ってくれました。
残念ながら
そのバンドはわたしにはまりませんでした。
パフォーマンスは覚えているけれど
歌は全然覚えていない。。。

友達と物販コーナーに行くと
バンドの人がいて
友達はバンドの人と仲良くしゃべって
なにかグッズを買いました。
わたしは欲しいグッズもなかったので
聴くかも。。。と思い、CDを購入したのでした。


本当に手放したいものは?


ライブにいくと
お酒も入り、そのときの盛り上がっているテンションで
なんとなく物販でCDやらTシャツを買ってしまう癖があります。
自分が本当に好きで
何度も聴くものもあれば
買ってきたまま一度も聴かないものも。
そのバンドのCDも一度も聴かないまま。
オークションに出すときに一度
確認のため、聴いただけ。
わたしが本当に手放したいものは
いらないからと思いながら、
つきあいで購入してしまった自分なのだと。。。
例えば知り合いの個展やお店なんかに行くと
なにか買わないといけないかなと
グッズを購入したりしてしまう。
それはやめようと今回改めて思いました。


ものを手放すと自分が見えてくる

ものを手放すとき、ものとの思い出が浮かんできます。
使いきったものだと本当にありがとうとこころから思えます。


使いこなせなかったものだと
当時の何となく買った自分や
使いこなせなかった理由なんかを思い出し、
これからは改めようと思います。

 

kojilife.hatenablog.com

 


手放すってことは自分とモノとの向き合い方の
再確認作業でもあるんですね。


ちなみに家のパソコンがCDドライブがないので
今後、ノリでCDを買ってしまうことはないでしょう。

広告を非表示にする