kojilife’s blog

こじんまりとした生活を目指すブログ

衣替え 玉手箱的なもの

先日、服を買った後、よく似たものを持っていたことに気づきました。

同じ失敗を繰り返さないように

新しい春服を購入する前に一度手持ちの服を確認しようと

春夏物の服をしまっている箱を開けてみました。

 

kojilife.hatenablog.com

 

 しまった時の気持ちを思い出した

 この時にしまったものですね。

kojilife.hatenablog.com

この時も書いていたことに気づいたのですが、

一年寝かした秋服は手に取ると
自分の中の旬が過ぎているのがすんなりわかるのです。
夏服はまだ活躍中なので
お気に入りの気持ち、
来年も着れるかもという気持ちが残っていて
客観的に見れないのかもしれません。

まさにそんな気持ち。

一つ一つ手にとって、

今年もこれが着られるって思える服と

迷って残した服はこれ残したんだ。。。と思ってしまう服がありました。

もう不要だな。。。。と感じた服は手放すことにしました。

 

  • 無印のグリーンVネックニット

色がきれいで購入しましたがVの開きが深くてあまり着ていない。

何年も着るかもと手元に残してしまったもの。

 

逆にこの時、手放すつもりだったものをまた着ている場合も。。。

収納箱に空きがあるしなと残していました。(ダメなパターンですね。)

家着として着るのにこれからの季節ちょうどいいので

早速履いています。

同じような楽チンガウチョパンツが手に入ってから処分しようと思います。

 

断捨離も至福の制服化も一歩ずつ

この要る要らないの判断がすぐできるようになればいいんだけどな。。。

どうしても優柔不断が出てしまいます。

それにしても

春夏の服を全て出してみて、結構服あるなぁと感じました。

冬の間に引っ越しすることが決まったので

冬服の数を絞ったり、引っ越す前に処分したからでしょう。

 

kojilife.hatenablog.com

冬服だけのクローゼットは収まっていたのですが、

春夏を出すとクローゼットに入りきらないかもです。

どうしていくか考えてないと。。。。

 

とりあえず冬物の衣替えに関しては

いつもより要る要らないの判断の目を厳しくしています。

迷ったものは手放す、、、を心がけています。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする