kojilife’s blog

こじんまりとした生活を目指すブログ

【手放したもの】思い出の品を手放す

素敵な部屋をみたおかげで
捨て熱が加熱しているようです。
思い出の化粧ポーチをふたつ手放しました。
誕生日プレゼントに友達にいただいたものと
友達と一緒に作ったものです。

 

思い出のポーチ

20代のころ、誕生日プレゼントで友人にいただいたポーチ。
使用していたら、ポーチの中か、鞄の中かで液体がこぼれて
ピンク色の染料がシミになってしまい
ずっとクローゼットに閉まっていたもの。
なんとなくプレゼントされたものだし
捨てるが忍びなくて
引越しを経てもなおタンスの肥やしになっていました。


今回思い切って処分することに。

こぎん刺しのポーチ

友人に教えてもらいつつ、
刺繍して作った
世界にひとつのポーチ。
こちらも水に濡れて
ピンク色の糸から染料がしみ出してしまいました。
こちらは実は今も
汚れたまま使い続けていますが、
あらためて見ると
さすがに汚くて予備の他のものにかえようと思います。


水に濡れても大丈夫なものにしよう

どちらもピンクの染料がシミに。
大事にしていたので水で洗ったりしましたが余計シミが広がりました。

 

ちなみに刺繍の場合、
お酢と塩で色止めをする方法もあるそうです。

刺しゅうのお手入れ方法 - Magyar Madár / マジャールマダール~ハンガリーの刺繍と雑貨~


ネットでいろいろ検索して
洗い方を試すも結局シミはとれませんでした。

 

そそっかしくズボラなので
鞄の中やポーチの中で液体をこぼすことが多い。
まずそちらに気をつける必要があるけれど
それは置いといて
耐水性のあるもの、もしくは濡れても大丈夫そうな素材を探そうと思います。


思い出があるから捨てられなかった

友人にもらった
友人と作った

ものがなくなるからといって
その思い出がなくなるわけではないのに
思い出の品というものは
なかなか捨てられないものですね。

 

大事に使えてるならよいけど、
クローゼットの奥にしまっていたり、
見る度にシミをみて
残念な気持ちになったり、、、
昨日に引き続き、またしても捨てどきを見逃していますね。
思い出を大事に、今回処分することにします。

 

kojilife.hatenablog.com

 

 

自分の生活を楽しくしてくれるものに囲まれて
生きたいものです。

 

kojilife.hatenablog.com

 

広告を非表示にする